ホワイトニングの注意点

ホワイトニングを行う際の注意事項

せっかく決心を固めてホワイトニングを行うんだもん!
注意しなければならないことをきっちりと抑えてトラブルなくホワイトニング効果を実感しましょうね。
ホワイトニングとはなんとも軽いような気軽に使われる言葉ですが、医療行為であるということを認識して行いましょう。
最近では、格安を謳った歯のホワイトニングサロンや、ネット上などでホワイトニングキッドを購入できたりしますがその辺は自己責任の下で重々注意して決断しましょう。
格安に見せられて後で後悔なんてことにもなりかねません。
特に初めての人はちゃんとして専門家のいる機関で行うことをおすすめします。

 

飲食に注意

ホワイトニングを行っている期間は、歯に着色しやすい飲み物や食べ物を口にしないようにしましょう。
ホワイトニング薬剤の影響で、ホワイトニングをしていない通常時に比べて歯に着色しやすくなります。
せっかくお金も時間もかけてホワイトニングを行うのですから、控えるというレベルでなく徹底的に口にしない心構えでいきましょう。
着色しやすいモノには次のようのものがあります。

飲み物

食べ物

コーヒー カレー
紅茶 ビーフシチュー
ウーロン茶 チョコレート
コーラ キムチ
ココア ケチャップ
赤ワイン しょうゆ

など

ソース
  ベリー類
 

など

 

たばこ

ホワイトニングを行う際の禁煙は絶対です。
中には、禁煙できない人にはホワイトニングをしないと言う歯医者さんもいるほどです。
タバコを我慢する期間が短くなるという点で喫煙者にとっては、即効性のあるオフィスホワイトニングのほうがいいかもしれませんね。
でも、ホワイトニングを終えてすぐにまたタバコを始めてしまうと色もすぐに戻ってしまいますよ。

 

虫歯

虫歯があると、ホワイトニングの薬剤がしみて痛みが強くなる可能性があるので、ホワイトニングを行う際には虫歯の治療を終えてから始めましょう。

 

歯石

ホワイトニングを行うにあたって歯石を除去してから始めるのがおすすめです。
歯石が溜まっている人はきっと歯医者さんに歯石除去を勧めらると思います。
薬剤が歯茎付近に触れてしまった時にしみたりする原因にもなります。

 

表面の汚れ

ホワイトニングの効果を高めるためにも表面の汚れや着色を可能な範囲で落としておくことをおすすめします。
着色を取り除く成分の入った歯磨き粉を使用して念入りに歯磨きをしましょう。