歯並びを綺麗に整える

歯並びが良くなったら美人度が格段とアップ!

美的にも悪い歯並びですが、それ以外にもいろいろな面で悪影響をもたらします。
歯並びが悪ければ、取ることが難しいので、どんなに一生懸命歯磨きをしていても虫歯や歯周病、歯槽膿漏になるリスクがとっても高くなるんですよ。
また、上下の歯がずれているので噛み合わせも悪くなります。
噛み合わせが悪くなると、顎の関節が悪くなったり、体が歪んでしまったり、体調にまで影響が出てきたりもするんですよ。
全てが悪循環で繋がっているんですね。

歯並びを整えるとなると、「歯の矯正」ですよね。
歯の矯正と言うと、子供の時にしておいた方がいいとか、目立って恥ずかしいから躊躇うという人が多いですよね。
でも最近では歯の矯正にも色々な方法が出てきているんです。
全く見た目には分からない方法で矯正を行うこともできるんですよ。

 

 

ワイヤー矯正

歯列矯正と言って一番最初に思い浮かぶのがこの矯正方法でしょう。
金属のワイヤーを使って歯並びを整える方法です。
こちらの方法は、ブラケットという金属を歯につけて、そこにワイヤーを通して歯を矯正していくものです。
金属のワイヤーやブラケットが丸見えなので、見た目には良くないですが最も実績が高く確実な方法です。
費用も安くて、歯も動きやすく口の中の違和感も少ないのが特徴です。
見た目に目立つという難点はありますが、効果も抜群ですし費用も使いやすさもばっちりです。
最近では、シルバーの金属以外に、透明や歯に近い色、また見た目におしゃれなカラフルなワイヤーも出てきています。
でも効果の確実さを考えると金属性が一番です。
よって、ぱっと見で目立つ前歯にだけ透明や白い色などのワイヤーを使うという方法もありますよ。

 

リンガルブラケット(舌側矯正)

見た目で目立つのが嫌だという人におすすめの矯正方法です。
こちらの方法は、歯の裏側に矯正ブラケットとワイヤーをつけて歯を矯正していくものです。
見た目にはほとんど矯正していることが分からないという点には優れているのですが、費用はワイヤー矯正の1.5倍程かかりますし、治療期間も長くなります。
また、口の中の違和感もかなりあり、歯の矯正としての効果も確実ではないようです。

 

クイック矯正

その名称の通り、短期間で歯の矯正をする方法です。
こちらの方法は、歯に被せ物をつけたりして歯を矯正する方法です。
数年に渡って矯正器具をつけなければならない矯正とは違って数週間から1ヶ月くらいで終わるのが魅力ですね。
でも誰でもできる方法ではなく、リスクもあります。
歯並びによってはこちらの矯正方法はできませんし、神経を取ったり、噛みあわせの改善は難しいのが難点です。
また、年齢とともに歯茎が下がってくると、実際の歯と被せの歯の境が目立つようになることもあります。

 

マウスピース矯正

透明のマウスピースをつけて歯の矯正を行う方法です。
この矯正方法の特徴は矯正しているのが見た目には全く分からない方法だということです。
また、マウスピースは自分で取り外しができるので歯ブラシの時や食事の時に外すことができます。
マウスピースは1日20時間以上つけたままで、約2週間毎に交換します。
しかし、大きな歯の矯正はできないので、ワイヤー矯正との併用になったり、ひどい歯並びの人には使用できなかったりします。

 

インプラント矯正

新しい矯正方法で取り扱っている歯医者さんはそう多くはないかもしれません。
矯正の効果も確実ですし、治療期間も短期間で済むので、この矯正を取り扱う歯科医が増えて治療費が安くなれば、これから主流の矯正方法になるかもしれません。
こちらの方法は、歯に小さなネジのようなものをつけて歯を動かしていきます。

 

ダイレクトボンディング

こちらの方法は矯正と言うよりは、隙間の開いている歯や欠けてしまった歯にレジンと呼ばれるプラスチックを直接歯に塗って歯並びを綺麗に見せる方法です。
費用も安いですし、治療期間も1、2日で終わるので、歯の隙間が気になるくらいの歯並びの人にはおすすめです。